へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


染め付け初級コースに行ってきました

昨日,今日の2日間,瀬戸の窯業専門校で行われた染め付けの講習会に参加しました。

『染め付け』の知識と言ったら 白い生地に呉須の濃淡で模様を描き,透明釉を掛けたもの。
有田焼が有名。。。 程度の知識しかありません。

まずは。持ち物で引っかかりました。
面相筆ーこれは持っています。線描きするときに使います。
だみ筆ー呉須を薄く溶いた「だみ」を塗る筆。でも,どの様に使うか解らない。
      取り敢えず,安いだみ筆を買いました。
付立筆ー初めて聞く名前だ!ハンズでも売って無いし,たまたま通りかっかった画材店で見つけ買いました。安い筆でも1600円以上しました。

初日,講師に筆を見てもらうと,だみ筆も違うし,付立筆は水彩画用のもので陶芸用のものでは無いとのこと。ガックリ(T.T)
学校の筆を借りることになりました。

いよいよ講習が始まります。定員10名でしたが,参加者は11名。
ほとんどの方が養成校卒業生でした。

二日間では染め付けを学ぶのにはとても時間が足りないのですが,
付立筆の使い方,骨描きとだみを塗ることを主に実習しました。

c0041956_22283853.jpg付立筆の使い方には大まかに直筆側筆があります。
側筆は片側に濃い部分が出来る使い方で,グラデーションが付くことで立体感が出ます。
この側筆が染め付けには大切なテクニックです。

c0041956_2233740.jpg綺麗なレンズ型に描けるように練習。。
これは見本です。

こんなに綺麗なレンズ型に描けません。
すでにここで引っかかってしまいました(T.T)
まだ1日目の午前中なのに。

c0041956_22343760.jpgこのテクニックを使うといろいろなものが描けます。

これは 葉 

側筆は筆の穂先の向きが進行方向より左側に向きます。
その為,進行方向に従って,筆の持ち方も変わり
慣れないと頭で考えながら筆を運ぶ結果になって筆さばきが上手くいきません。

もう練習あるのみ!

c0041956_22401347.jpg次は紅葉

4回の筆運びで描けるなんて!




これを組み合わせると。。
c0041956_2241856.jpg

c0041956_2242194.jpg椿

これはコピーなので濃淡がハッキリしていませんが,
目の前ですらすら描かれる絵にため息をつくばかりでした。


c0041956_22425026.jpg

二日目は面相筆とだみ筆で実習です。
c0041956_22452677.jpg骨描きした上にだみを塗る練習をしている机の上。
右上の筆洗の上にある太い筆がだみ筆です。
c0041956_2251104.jpgだみ塗りって筆で塗ると思っていたのですが,
もちろんだみ筆を使うのですが,
筆先は生地に触れないように塗るんですね。
絵の具の水分の膨らみを筆先で引っ張っていくんです。

お皿の下に塗った部分は講師,上は私
同じ濃さで骨描きに触れないようにだみを塗っています。

骨描きからはみ出ないように生地を傾け,だみ筆も傾きにより呉須が垂れるので両手の協調性が必要です。

暫く練習した後,最後に作品にするお皿を描きました。
c0041956_22571098.jpg経験のある方達は複雑な模様でしたが,初心者は七宝模様です。
これはアタリ無しに描く方法を教えて頂きました。
ちなみにロクロ線は講師に描いて貰いました(笑)
私はこんなに綺麗に描けません!

c0041956_22585632.jpgだみを塗って出来上がり。

どんな風に焼き上がってくるか楽しみです。

実際に習ってみて初めて染め付けの難しさ,面白さ
そして,どんな描き方が上手なのかが少し判りました。

これからは染め付けの焼き物を見る目も変わってきそうです。

瀬戸の近くに住んで良かった!良い勉強が出来た二日間でした。
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-06-10 23:06 | いろいろ。。。
<< 2年に一度の作品展 ざる蕎麦の季節です♪ >>