へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:完成作品( 58 )

還元は難しい

作品展も昨日無事に終了して引き取りに行ってきました。

出した壺(?)をupしていなかったので載せます。

信楽赤土を紐作り。。ロクロでは出来ませんでした(T.T)
わら白釉を柄杓で掛けて還元焼成です。
c0041956_16115423.jpg


ドーンとピンクが移ってしまって。。ガックリです。
これがイイと言う方もいらっしゃるそうですが,ワタシ的には×です。

花を活けて作品展には出しちゃいましたが。。。。



もう一つ,還元で焼いたお皿。
c0041956_16155163.jpg

これは気に入った色になりました。
よく見比べると1枚だけ
c0041956_16164367.jpg

還元のかかりが悪かったようです。
窯の中の位置にもよるそうです。

信楽赤土,御深井釉 還元 タタラ



おまけ。。

黒御影,型起こしの茶碗
c0041956_16215026.jpg


あれ~ ワタシの作品らしからぬ丁寧な仕上がり!

それもそのはず
これは作品展の時の頂き物です。

出したニャンコ3匹のうちこの2匹がお嫁入りしました。
c0041956_16221562.jpg

このお茶碗は上の子と交換です。

ニャンコ気に入ってくださって嬉しいです。
餌も要らないし,おとなしくしている子達ですから可愛がってもらえるといいな。。。

残ったのは1匹。。ちょっと不憫なので我が家の先輩ネコたちと一緒に並んでいます。
[PR]
by abc-kei-abc | 2009-04-20 16:25 | 完成作品

猫2匹出来上がり~

相変わらず,のんびり作っています。

先週出来上がっていた猫をup。
c0041956_151087.jpg
 

c0041956_1513059.jpg


どちらも信楽白土,上は呉須で下絵,下は鬼板  御深井釉をスプレー掛け 
酸化焼成

上の子のしっぽは素焼きでヤスリ掛けの時にポロッと取れてしまいました。
別々に焼いて,ボンドで修復。良かった~ 猫はしっぽが命ですからね。


作品展は4月中旬ですが,まだ大物がどうなるか分かりません。
それに期待を掛けていますが,ダメなときはこの2匹と前回の1匹を出すしか無いか。。。(×_×)
[PR]
by abc-kei-abc | 2009-03-15 15:07 | 完成作品

2009年ものんびりと。。。

昨年焼き上がったものを暮れのうちにupしておこうと思いつつ,帰省してしまいました。
今日は早10日です。
今年もこんな調子でのんびり,ボチボチ土と戯れていくことでしょう。

昨年焼き上がったものをとりあえずupします。

織部 小皿,湯飲み
c0041956_1423938.jpg


 小皿・・タタラ 信楽土
 湯飲み・・ わら白釉 織部 信楽土
    わら白が流れて思っていたような花になりませんでした(T.T)
    一応 椿のつもり


花器         
c0041956_1453956.jpg


 紐作り 信楽(赤) わら白釉 部分がけ 還元

 ちょっと不安定。。もう少し太くした方が良かったな。


花器
c0041956_147333.jpg


象の鼻みたい。。(T.T)
作品展を意識したけど。。ボツ です

 紐作り 信楽(赤) 緋襷


相変わらずの猫
c0041956_1493268.jpg

信楽 鬼板,下絵の具で着色 御深井釉をスプレー掛け

canazさんのニャンコで作りたくなったのですが,似てもにつかぬ出来映え。。(T.T)

でも,ニャンコ作りは楽しいです。


4月に作品展があるのですが,またニャンコになるかも。。。


 

  
[PR]
by abc-kei-abc | 2009-01-10 14:15 | 完成作品

植木鉢の受け皿じゃありません!

c0041956_11454041.jpg

ケーキやちょっとしたおつまみに合うお皿を。。と思って作ったのですが、
家人からは「植木鉢の受け皿か?」と言われてしまいガックリです。

タタラでお皿は何度か作りましたが、縁を貼り合わせたお皿は初めてでした。

作りながら気がつきました。

ワタシ。。プラモデルも作った事がないし、おおざっぱな性格だったんだ!008.gif

こういう作業は苦手です。
45度にきっちり切って貼り合わせるなんて!


こんなデザインのお皿はとってもお洒落(上手に出来れば)。
いろいろ欲しいのですが。

もたもた作りながら、

 こういうお皿は買おう!買った方がいい

と、思いました。


でも、不思議、焼き上がってきたら、
この不器用さも味があるように思えてくるものですね。

このお皿に合う秋のお菓子を焼かなくちゃ~と思っているこの頃です。


 土:黒御影
 釉:白マット
 18㌢x18㌢
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-09-20 11:56 | 完成作品

5ヶ月ぶりの更新で~す(^_^;

娘のお産の手伝いで陶芸教室を休んだのは2ヶ月だったのに、5ヶ月も間が開いてしまいました。

教室に行っていても焼成に回せるようなモノがなかなか出来ず、作っては壊し、を繰り返し
土捏ねばかりしていたような気がします。
その割には菊練りも上達していませんが。。。

無事に初孫も生まれ、9月から再開です。

休みに入る前に焼成に出していた茶碗が焼き上がっていました。
これは次女に頼まれていたもの。
湯飲みはその前から出来ていたのですが、今ひとつだったので単独アップする気になれず、
今回どさくさに紛れてアップです。

c0041956_20254072.jpgどちらも還元
信楽赤土
白化粧 掻き落とし


c0041956_2026591.jpg酸化
信楽白土
白マット、呉須


呉須で細い線を描くつもりだったけど、太くなっちゃって(×_×)

轆轤も難しいけど、絵付けも難しいなぁ

婆バカですが。。よろしければクリック★
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-09-05 20:35 | 完成作品

風船作りのキャンディボックス

このところ、ロクロで切立ちの練習をしては壊すの繰り返しをしていて、なかなか完成品がありません。
これは2月ごろ教室で流行っていた風船作りに初めて挑戦した時のものです。
幾つか作ったのですが、他は壊し残ったのがコレです。

c0041956_23472190.jpg















土:信楽
釉薬:白マット

c0041956_23492582.jpg

飴を入れてみました。

この作風(と言うと大げさですが)
ワタシ的ではありませんね。
どういった風の吹き回しか。。?
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-04-21 23:52 | 完成作品

深皿2枚

作り始めた時は寒かったので,おでんの取り皿に。。って思っていたのですが,
春になっちゃった(^_^;)

最近は夏の冷やしたおでんも流行っているので,まだ使えるかな?
c0041956_2243893.jpg

形が少し歪んでいるのは,ぶつけた所為ではありません。
少し歪ませたのですが,焼くとき戻ってしまったようです。

歪まずに素直に戻るなんて,作った人の性格に似るんですね!(爆)

土:信楽白 
釉薬:鬼板で下絵,
    白マット,一部引っ掻いて線を入れ,織部をポタポタ

            
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-03-02 22:10 | 完成作品

ポット2号は多難ですぅ

1号は酸化,2号は還元で焼いたので一足遅れて出来上がりました。

c0041956_1553586.jpg御深井釉は流れるというので,吹き付けた呉須がもう少し流れて御深井と混ざったようになるかな?と期待したのですが,予想は裏切られました。

もっと御深井を濃く掛けた方が良かったようです。







土:信楽白
釉薬:呉須を吹きつけた上に御深井
還元焼成


家に持って帰ると,普段は「できもの」扱いの亭主が
『おっ!』と驚いたのまでは良かったのですが,
次に
『この取っ手がもう少し何とかならなかったのか』と厳しい評価でした。
ハイ!ワタシもそう思います。

c0041956_1632744.jpgこのポットは1号同様,既製の茶こしを使う予定なのです。
挽くときに一応サイズも測っていたのですが。。。

一番小さい茶こしでも。。
入らない(T.T)

あと少しなんですが。。。

『週末に削ってあげるよ!』と言ったお方は,ほんの10分ほどで投げ出したんです。
仕方がない,か弱い女?独りで紙ヤスリでゴリゴリゴリゴリ削りました。

二日に分けてのべ1時間ぐらい。
手首も痛くなりました。
c0041956_1643480.jpg
でも,努力の甲斐あってようやく茶こしが入りました042.gif
c0041956_16103443.jpg茶こしを入れても蓋が閉まります。
当たり前ですが。。


ところが。。。

c0041956_16115538.jpg注ぎ口が狭いとは思っていたものの,
実際注いでみると


チョロチョロチョロ。。。

静かな気持ちでお茶を楽しむには向いていますが,
200ml入れるのに20秒掛かります。

何人分かのお茶を入れたら,冷めちゃうかもしれません。

今まで,器やお皿を作ってきて,そこに盛ってしまえば,少しぐらい重かろうが,形が悪かろうが構わなかったのですが,機能を持たせると難しさが増すことを痛感しました。

使い勝手って大事ですね。

ポット2号は焼き上がる前に母から『貰ってあげる』と言われていたのですが,
さぁ 貰ってもらえるか気がかりです。
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-02-11 16:25 | 完成作品

ポット1号 出来ました♪

酸化焼成したポットが完成しました。

注ぎ口からちゃんと水も出るし,蓋は取り外し出来るのでOKです♪

焼き上がりはこんな感じです。
c0041956_22373974.jpg

茶こしは付けず,既製の取り外し出来る茶こしをはめて使う予定です。

ちなみに,我が家のポットの茶こしがピッタリでした♪







土:信楽白
釉:白マット
線彫りして,鬼板を象嵌
酸化焼成
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-01-30 22:45 | 完成作品

行くあてのない 小丼

夏頃に義母から「こどんぶり」が欲しいから作ってね。と,嬉しい依頼があったので作っていたのです。

。。。。が,義父の具合が悪いということで手伝いに行っている間に台所を整理していたら
出てくるわ出てくるわ 大量の焼き物!
こどんぶりもちゃ~んと有りました!

c0041956_1124283.jpg本焼きに出した後だったので,時既に遅し。。。
手元には貰い手が無くなった小丼が残されました。

見てから「要らない」と言われないだけマシかもしれませんが。。。

土:黒御影 白化粧,
釉薬:御深井 酸化焼成



10月に出来上がっていたのに今頃載せています(^_^;
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-11-29 11:06 | 完成作品