へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:いろいろ。。。( 22 )

明日から作品展です

c0041956_2031526.jpg一昨年まで通っていた教室が無くなり,メンバーも先生も一緒に移った『アトリエ春』の作品展が明日から開かれます。
今日は搬入でした。

今までの作品展と違い,他の曜日(先生が違う)のクラスの作品も一緒です。

会場を作りながら,皆さんの作品を眺めて楽しんできました。 

会場はこんな感じです。
c0041956_2032848.jpg


これは先生方の作品です。
c0041956_20332651.jpg

左:竹内真吾先生  中央:加藤春鼎先生  右:伊藤勝彦先生
写真が小さくて迫力が出てないです。

皆さんの作品を幾つか

c0041956_20344642.jpg


c0041956_20412717.jpg



あ~
そして,今回出した私のデキモノ達です。
進歩がありません(T.T)
c0041956_20362342.jpg

たしか,二年前に次回はロクロで大物を!なんて思っていたけど,
今回もまた紐作りになってしまいました。

そして,そして,ぎりぎりまで作品が出来ず,焼き上がった壺もどきは
還元焼成で窯の棚などに付いていた銅のピンク色が移ってしまいました。
焼き上がる前に参加を決めていたので,仕方がない,これを出すしかありません(T.T)

参加することに意義があるのだと自分に言い聞かせています。
次回こそ! ってこれで3回目です。




明日から19日日曜日まで名古屋栄の市民ギャラリーで開催しています。
[PR]
by abc-kei-abc | 2009-04-13 20:43 | いろいろ。。。

深見さんの作陶展

c0041956_20365450.jpg今日は週一回の陶芸教室です。
教室の隣にあるギャラリーでは昨日からアシスタントの深見さんの作陶展が開催されています。
←DMです。



若い女性ならではの作品が並んでいました。

うわぁ こんな作品を作れたらいなぁ~
 (若さが足りないか。。?)
そんな思いでシャッターを押していました。
ご本人の許可を頂きましたので,ここに載せさせて頂きます。

c0041956_20493018.jpg


c0041956_20495874.jpg

このギャラリーは29日から美味しい紅茶のお店(サロンド・テ)とコラボする予定で,作陶展の期間中はプレオープンでした。
作品を眺めながら手作りのお菓子と薫り高い紅茶を頂きました。
鼎窯の器で頂けてリッチなティータイムです。
頂くのに夢中で写真を撮るのを忘れました(^_^;)
まぁ これからいつでも教室の隣でお茶が出来るのでチャンスはたくさんありますね♪
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-01-16 21:00 | いろいろ。。。

窯業専門校でのスキルアップセミナー

昨日,今日と昨年に引き続き,今年も参加することが出来ました。

c0041956_22362420.jpg30名の参加者の約半数がここの卒業生とのことです。
今年は 次のようなコースに分かれて講習があるとのことでした。
A 基本(土練り、土殺し、芯出し、玉取りなど)
B 筒花瓶(径10、高さ25㌢)
C 3~5kgの粘土で花瓶
D 急須、土瓶
E 皿
F 自由創作
私は昨年同様,筒花を挽く練習をしました。

高く挽き上げる練習はなかなか自分ではやらず,すぐに日常使えるモノを作る方へ走ってしまします。
本当は湯飲みを挽くのだって充分では無いのですが。。。
1日目の午前中は湯飲み。午後から筒花に挑戦しました。

どうにか15㌢までは上がってくるものの,それ以上が難しい!
無理してあげようとすると,ふらふら振ってしまいます。
上げているつもりでも上がっていない。
特に下の粘土が上がるどころか,下に溜まってしまう??

先生の説明では,挽き上げる処は1ヶ所しかない(9時の位置),それも,回転に垂直に直角に。
その位置がずれると 土殺しをするときの上げ下げ同様に下がってしまうとのこと。
ロクロを挽く時の視線からは垂直がずれやすいので,それを注意すること。
挽き上げるときの圧のバランスに気を付ける事を何度もアドバイスされました。
(昨年も注意されていたんですよ)

でも

 頭で判っても,出来ないのです(T.T)

昨年の写真を見て愕然! 昨年は練習していた事もあり,今年と変わらないじゃありませんか~
1年間進歩が無いってこと? ため息が出てきそうでした。
c0041956_2246253.jpg取り敢えず,今年の挽いた中で撮影に耐えるものだけup。。 

エッ 一番奥にあるのは上手に挽けているですって?

はい それもそのはず 講師のbamboo師匠に見本に挽いて貰ったものです。


いつか大きな作品を挽いてみたいなぁ~
その為にはこの課題をなんとしてもクリアしないと先に進めません。

もっと練習をしなくては。。と再度(何度目??)思った二日間でした。

いやはやくたびれました~
今夜も湿布を貼って休みま~す。
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-07-08 23:01 | いろいろ。。。

作品展 続き

最近,エキサイト・ブログの画像が出るのが遅いと思っていたら,サーバの問題だったようですね。
昨日はupしようにもなかなか映らずイライラしていました。
こういう時も気が短いと雑なものが出来てしまいそうです。
昨日の投稿は全くもって短気のあらわれ。
焼き物は短気じゃダメですよね。

昨日よりだいぶサーバの様子が良いようなので,作品展の写真の続きを載せます。
c0041956_2263040.jpg

c0041956_227561.jpg

c0041956_2273371.jpg

c0041956_228162.jpg

c0041956_2282642.jpg

c0041956_2283752.jpg

皆さまの力作を載せると自分のを載せにくくなってしまいました(^_^;

その前に師匠の作品です。
c0041956_22111029.jpg


師匠の作品を載せたら,ますます載せにくくなってしまいました。
昨日載せちゃえば良かったな。

でも,一応参加した記念ですから。。

c0041956_2213757.jpg今回はグリーンや花でカバーしました(*^▽^*)
花やグリーンなど無くても鑑賞に堪える作品を作れるように,頑張らなくちゃいけませんね~
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-06-14 22:20 | いろいろ。。。

2年に一度の作品展

12日から陶芸教室の作品展が始まりました。
初めて参加した前回の作品展から,もう2年近く経ってしまったのだと,
あっという間に過ぎた2年間と,その割に進歩が少ない自分にちょっとガッカリしています。
でも,『楽しく作っている』のでこれでヨシとしています。

c0041956_22322225.jpg今回も午前,午後,夜のクラスの合同作品展なので,普段なかなか見られない方の力作もじっくり拝見出来ました。
一人一人の個性が表れているようで,楽しいです。

皆さまの作品の一部をupさせていただきますね。
c0041956_22345782.jpg

c0041956_22352574.jpg

c0041956_22384151.jpg

c0041956_2238564.jpg


画像が多いと重くなるのかな?
なかなかプレビューが出ません。
2回に分けて載せることにします。
明日はメンテナンスでお休みのようですね。
後半は明後日。
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-06-13 22:45 | いろいろ。。。

染め付け初級コースに行ってきました

昨日,今日の2日間,瀬戸の窯業専門校で行われた染め付けの講習会に参加しました。

『染め付け』の知識と言ったら 白い生地に呉須の濃淡で模様を描き,透明釉を掛けたもの。
有田焼が有名。。。 程度の知識しかありません。

まずは。持ち物で引っかかりました。
面相筆ーこれは持っています。線描きするときに使います。
だみ筆ー呉須を薄く溶いた「だみ」を塗る筆。でも,どの様に使うか解らない。
      取り敢えず,安いだみ筆を買いました。
付立筆ー初めて聞く名前だ!ハンズでも売って無いし,たまたま通りかっかった画材店で見つけ買いました。安い筆でも1600円以上しました。

初日,講師に筆を見てもらうと,だみ筆も違うし,付立筆は水彩画用のもので陶芸用のものでは無いとのこと。ガックリ(T.T)
学校の筆を借りることになりました。

いよいよ講習が始まります。定員10名でしたが,参加者は11名。
ほとんどの方が養成校卒業生でした。

二日間では染め付けを学ぶのにはとても時間が足りないのですが,
付立筆の使い方,骨描きとだみを塗ることを主に実習しました。

c0041956_22283853.jpg付立筆の使い方には大まかに直筆側筆があります。
側筆は片側に濃い部分が出来る使い方で,グラデーションが付くことで立体感が出ます。
この側筆が染め付けには大切なテクニックです。

c0041956_2233740.jpg綺麗なレンズ型に描けるように練習。。
これは見本です。

こんなに綺麗なレンズ型に描けません。
すでにここで引っかかってしまいました(T.T)
まだ1日目の午前中なのに。

c0041956_22343760.jpgこのテクニックを使うといろいろなものが描けます。

これは 葉 

側筆は筆の穂先の向きが進行方向より左側に向きます。
その為,進行方向に従って,筆の持ち方も変わり
慣れないと頭で考えながら筆を運ぶ結果になって筆さばきが上手くいきません。

もう練習あるのみ!

c0041956_22401347.jpg次は紅葉

4回の筆運びで描けるなんて!




これを組み合わせると。。
c0041956_2241856.jpg

c0041956_2242194.jpg椿

これはコピーなので濃淡がハッキリしていませんが,
目の前ですらすら描かれる絵にため息をつくばかりでした。


c0041956_22425026.jpg

二日目は面相筆とだみ筆で実習です。
c0041956_22452677.jpg骨描きした上にだみを塗る練習をしている机の上。
右上の筆洗の上にある太い筆がだみ筆です。
c0041956_2251104.jpgだみ塗りって筆で塗ると思っていたのですが,
もちろんだみ筆を使うのですが,
筆先は生地に触れないように塗るんですね。
絵の具の水分の膨らみを筆先で引っ張っていくんです。

お皿の下に塗った部分は講師,上は私
同じ濃さで骨描きに触れないようにだみを塗っています。

骨描きからはみ出ないように生地を傾け,だみ筆も傾きにより呉須が垂れるので両手の協調性が必要です。

暫く練習した後,最後に作品にするお皿を描きました。
c0041956_22571098.jpg経験のある方達は複雑な模様でしたが,初心者は七宝模様です。
これはアタリ無しに描く方法を教えて頂きました。
ちなみにロクロ線は講師に描いて貰いました(笑)
私はこんなに綺麗に描けません!

c0041956_22585632.jpgだみを塗って出来上がり。

どんな風に焼き上がってくるか楽しみです。

実際に習ってみて初めて染め付けの難しさ,面白さ
そして,どんな描き方が上手なのかが少し判りました。

これからは染め付けの焼き物を見る目も変わってきそうです。

瀬戸の近くに住んで良かった!良い勉強が出来た二日間でした。
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-06-10 23:06 | いろいろ。。。

ロクロ基礎コースで筋肉痛

昨日、今日と二日間13時間のロクロ基礎コースを受けてきました。
土練機で練ってある粘土を使いたい放題!
普段だったら、挽いた後の粘土を再生し、また練り直し。。という私にとっては苦手な作業があるのですが、(。。苦手ではない作業は? などと突っ込まれると困ります)
ロクロにしっかり向かいあうことが出来ました。

愛知に来るまで、県立で窯業の専門学校が有ることすら知らず、初めて校門から入る学校の様子に興味津々でした。
c0041956_22293097.jpg校門から見た様子

c0041956_2231710.jpg今回研修を行った作業棟

今まで陶芸教室のロクロしか知らなかったのですが、c0041956_22334443.jpg
ここのロクロはドベ受けがありません。

ロクロを挽き初めて、暫くしてその事に気がつきました。
床にもズボンにもドベがはねます。
本職はドベ受けなんて不要なのかなぁ?

午後から新聞紙で汚れ対策を取りましたが、
とき既に遅し。。。
   ジーンズも靴も。。
   そして周囲も。。掃除が大変!

今回の研修参加者は33名だそうです。
この学校の卒業生も多く参加しており、全くの初心者~プロまで、
c0041956_22395121.jpg真剣でしょう!
扇風機は廻っていますが、
昨日は名古屋では32度を上回る暑さでした。
はねるドベ、流れる汗・汗

みんな顔を赤くして頑張っていました。
もちろん私も!

挽き終わった粘土は次々に山を作っていきます。c0041956_22545822.jpg
この粘土の山を再生するのは大変でしょうね~
この何倍もの粘土の山が出来ました。

今回の講師そして学校の教官(?)が丁寧に指導してくださいました。

目から鱗のことも幾つかありましたが、
一番印象深かったことは
・粘土を上げ下げするときの手の位置 円の中心を通るライン上に置くのは当たり前ですが、
 前から作業しているので、それがずれていることが多い。
 きちんと中心を通っていると、上げ下げに力は必要ありません。
・回転運動をしている粘土に対し、垂直に引き上げるように圧を加えれば振ることもなく素直に 上がってきます。
 先生は『フェザータッチ』と表現されていました。
 回転に対して垂直という感じは、ロクロの前に坐ると自分の方に傾きやすいので注意する。

今回は切立ちばかり練習しました。
以前にも練習していましたが、久しぶりにトライ!
写真ではあまり上達は無いようですが、以前より持ち上げる感じがつかめてきたように思います。
c0041956_2312304.jpgc0041956_23124777.jpg←1日目
→2日目
実際はもっと挽いたんですよ~ 


練るのも力まかせ、土殺しも力まかせではいけないと習ったのですが、
今日はしっかり筋肉痛で~す!

充実した2日間でした。
この経験をこれから生かし行きたいなと思いつつ、家路に戻りました。

講師の方々に感謝です。
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-07-09 23:21 | いろいろ。。。

ロクロの講習会

c0041956_2119892.jpgさすが瀬戸で有名な焼き物県の愛知です。
毎年、県立の窯業専門学校で県民向けにロクロの講習会が開かれます。
今年は日程も合い受講できることになりました。
講師はおなじみの陶芸教室の師匠なんです。

二日間、真面目に頑張れば10時間ちょっとロクロに向かえるはずです。
苦手な切立ちの練習をしようと、今から張り切っていますが。。。はて?

既に会場の場所はチェック済み♪
車で1時間弱です。

上手になると嬉しいなぁ~
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-06-24 21:19 | いろいろ。。。

作陶展に行ってきました

ceramistbambooさんの搬入にTB

c0041956_22263452.jpgbamboo師匠の作陶展が今日から始まったので、早速出かけてきました。






柔らかい曲線(女性のボディライン?を想像しちゃいます)に、それはそれは細かな象嵌の作品がずらりと展示されていました。



この偏壺と茶花のコンビネーションを中心に写真を撮らせて頂きました。
写真の色が今ひとつで、作品の落ち着いた味が出せていません。
雰囲気だけでもお伝えします。

c0041956_22351925.jpg


c0041956_22355087.jpg


c0041956_223669.jpg


c0041956_22362165.jpg


個性的な扁壺と花
お互いの個性をますます引き出しているように感じました。
こんな世界を作ってみたいな。。。なんて、刺激されて帰ってきました。




          bamboo師匠をご存じの方にはレア写真です!
c0041956_22431381.jpg

          なんと ジャケット姿ですよ!!
          なかなか新鮮ですよね。
 
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-06-14 22:45 | いろいろ。。。

釉掛けに瀬戸へ

師匠の窯で焼成して頂く作品?物に、釉薬を掛けるために出掛けてきました。
名古屋市内から瀬戸まで車で数十分で行けるのですが、瀬戸に入ると緑がひときわ鮮やかで、空気も美味しく感じます。
と言っても、尾張瀬戸の駅前の道は混雑していますが。。。

個展間近の師匠の作品と一緒に窯に入れて頂きます。
到着したときには、すでに準備が完了していました。
c0041956_22365597.jpg今日釉掛けしたのはこの3点。
コンプレッサーで灰釉を掛けました。

さぁ、どんな感じに焼き上がるか楽しみです♪
c0041956_22441914.jpg



   この窯で焼いて頂きます。

   窯さん、宜しくお願いしますよ~
   腕の悪い分は、炎で補ってくださいね~

作業場は焼成を待つ、作品が並んでいます。c0041956_22502044.jpg
個展は名古屋松坂屋本店にて、
6月14日~20日までですから
お近くの方はおいでください。

作業は早々終わってしまったので、お宅にお邪魔してしまいました^_^;
c0041956_2255177.jpg居間には作品がズラ~リ☆
炭化焼き締めの渋い色合いで、お料理が映える器が多いです♪

カメラのオブジェはダンナが欲しがっている作品です。c0041956_22561920.jpg

師匠の家を後にしてすぐ近くの雲興寺と愛知県陶磁器資料館へ寄りました。

雲興寺
1384年に開かれた曹洞宗の古刹で、盗難除けにご利益がある寺として有名です。
秋の紅葉も見事だそうですが、この季節の緑も心洗われました。
c0041956_2311123.jpgc0041956_23112819.jpg








境内から東海自然歩道のルートもあり、お弁当を持って歩きたい処です。

愛知県陶磁器資料館
以前から行きたいと思っていた処でしたが、行ってビックリ!
なんと広い敷地でしょう! 
c0041956_23292021.jpg点在する施設も立派で焼き物の歴史から現代のセラミック技術まで知ることが出来ます。
また古窯の跡も見学できたり、陶芸館では作陶する楽しみも味わえます。

本館

c0041956_2331422.jpg




南館と西館
c0041956_23331470.jpg展示品のひとつ
縄文時代・火焔土器



ボランティアの方が丁寧に説明してくださいました。

一日、作る・見る・学ぶ と焼き物に接することが出来て楽しい一日でした♪

  
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-06-03 23:40 | いろいろ。。。