へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:焼き物の町探訪( 2 )

「瀬戸染め付の全貌」と「うつわ百花繚乱」展

昨日は瀬戸で開催されている2つの展覧会の閉幕が間近なので,友人と出かけてきました。

c0041956_1035756.jpgc0041956_1041849.jpg

染め付けは春にちょっとかじったので,今までと見る目がちょっと変わりました。

瀬戸の焼き物の歴史は1300年前に遡るそうですが,染め付けは江戸時代に(文化年間1804~1818)加藤民吉父子九州から染め付け磁器の製法を伝えたのに始まるそうです。
当時,こういう技術は藩外へ持ち出すことは死罪に値する産業スパイ行為だったので,決死の覚悟で行ったことでしょう。
この技術が伝わったことにより,一時九州に押され衰退していた瀬戸の焼き物は大きく飛躍しました。
民吉が「磁祖」と呼ばれる由縁です。


展示されていた染め付けは 

 これが人の手で描かれたものなのか? と思うほど繊細で緻密でした。

c0041956_10285258.jpgc0041956_1029624.jpg
    
海外からの里帰りの作品も多く,さぞコレクターの垂涎の的だったことでしょう。
 
染め付け展で瀬戸市美術館瀬戸蔵をまわったのでかなり疲れました。

蔵遊前でランチをしてちょっと休憩♪
口コミで人気が出ているそうで仮営業中にかかわらず混雑していました。
日替わりでシェフが変わるというお店です。
スタッフが2名ということで,注文からかなり時間が掛かかりました。
ここにお出掛けの方は時間に余裕がある時がお勧めです。
またオーナーのお薦めは月2回の創作和食の日だそうで,予約をしたほうが良いと言われました。


ついで,陶磁器資料館

ここでは江戸時代に発展した食膳を支える様々な器が展示されていました。
食器は次第に木漆器から陶磁器中心へと移り変わっり様々な意匠で楽しませてくれます。
今,食卓にのぼっても斬新なデザインの器も多かったです。

一日で多くの器を見学し,疲れた頭に鮮明に残ったのは木具写と呼ばれる,磁器の外側に蒔絵を施した蓋物の器でした。
漆器と思い蓋をあけると,染め付けが描かれている。。意外さを楽しんだのでしょうか?
華やかな食文化を感じました。

茶室 陶翠庵で好きな茶碗を選び,お抹茶でひと息ついて帰路に向かいました。



やはり,一日3館は私の脳ではキャパ オーバーでした(^_^;
[PR]
by abc-kei-abc | 2007-09-15 11:00 | 焼き物の町探訪

瀬戸の秋

昨日は第5週で教室がやすみだったので,教室の仲間と二人で瀬戸へ出かけてきました。
瀬戸は初めてという友人をまず案内したのは

c0041956_1731050.jpg道具屋さんです
金物屋さんの一角に,カンナ,コテ,絵の具,筆,ポンス,何に使うか解らないものまでたくさん置いてあります。
こういう処へ行くと,まだ使った事がない道具までつい買ってしまいます。
「いつか上手くなったら使うだろう!」って(*^▽^*)

以前買った「トンボ」も1年以上待機していました。
今回は「だみ筆」です。いつ使うようになるかな~???

次に行ったのは瀬戸蔵ミュージアムここは2回目です。
以前,書いたので省略。

午後からは師匠が案内して下さり洞地区へ。
c0041956_17315659.jpg瀬戸市マルチメディア伝承工芸館
ここでは実際に染め付けの研修が行われているようでしたが,
ちょうど昼休みでした。
                         保存されている古窯
c0041956_17563151.jpgc0041956_1757422.jpg
c0041956_1803299.jpg
伝承館の駐車場で,師匠がこの垣は「鬼板」だよと。
さすが瀬戸!
                                  
これを削って持って帰りたいと思ってしまいました。
伝統の石垣です。大切にしましょう!


次に向かったのは東風山野房
ここは自作の器に植え込んだ苔玉を販売しています。
でも,休業でした(T.T)。。窓の外から中をのぞき込んで次回へ。。
瀬戸は水曜日がお休みという処が多いので要注意です!

洞地区にはたくさんの窯が有ります。
c0041956_1865732.jpg 窯垣の小径
c0041956_1874645.jpg
c0041956_1883143.jpgツク・エンゴロなどの焼き物の道具や小皿が垣に埋め込まれています。

c0041956_18225250.jpg洞本業窯
現存する貴重な登り窯で、市指定有形文化財になっています。
昭和43年まで使われていたそうです。


この後,雲興寺の紅葉を見て師匠の家でコーヒーを頂き帰ってきました。
雲興寺の紅葉をどうぞ。。。
c0041956_18352829.jpg

c0041956_18355972.jpg

c0041956_18361249.jpg

c0041956_18371629.jpg

c0041956_18393091.jpg

c0041956_18374848.jpgc0041956_18381472.jpg


おまけ。。。瀬戸で出会った猫    どの子もみんな太めでした♪ 
c0041956_18403497.jpg
c0041956_18405522.jpg
c0041956_18411930.jpg
c0041956_18413348.jpg


さぁ 来週からロクロ頑張るぞ~!( ̄0 ̄ )ノ   ってホントか???
  
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-11-30 18:47 | 焼き物の町探訪