へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2枚目の皿

c0041956_945988.jpg2枚目と言っても見てくれの良い皿ではありません(T.T)
前回に次いで2枚目というだけ。。

刷毛目の練習もしたいと思って付けましたが、
1枚だけでは練習にもなりません。

土:赤なべ+信楽 余った土の寄せ集め
白化粧 灰釉 酸化
直径22,5cm 重さ595g



来週の教室は盆休みです。
お休みが入る事を考えて昨日は3枚目の皿を削りました。

カメ板に水を付け、乗せようとしらた、NG!
手で器を持ち上げて乗せるとゆがむ事もあるので、板を上に乗せ板と板でサンドイッチにしてひっくり返すように。。。と、

外すときも同じ過ちでNG!

幸い厚く挽けているので歪むことはありませんでしたが、そういう気配りも大切と学びました。

時間があるので芯出しの練習。。。
ロクロの中心に皿を乗せ、トントントンと叩きながら芯を出しますが、
師匠は2.3回ですぐ出るのに、なんで上手くいかないんだろう?

しばし回転する皿を見つめトントントン。。トントントン。。。

時々覗く師匠から「おっ! 2回前の叩きが良かった!90点」などと言われながらも、
出そうで出ない芯だしでした。
他の人が回しているのを離れて眺ていると、振っているのも気がつきやすいのですが、
じーっと見つめていると、目が回りそう! 
立って、確認したり。。。こんな事している人は居ないのに。。。(T.T)

これも練習あるのみなんでしょうね。。。

お皿さん、たくさん叩いてゴメン!
でも、頑丈に作っておいて良かったのかも。。。(笑)
[PR]
by abc-kei-abc | 2005-08-11 10:06 | 完成作品

大皿と猫

c0041956_13194568.jpg大皿制作過程) が出来ました。
素焼きしてから線象眼の化粧土を入れたのでヒビが入る可能性もあると覚悟していたのですが、無事でした♪
直径26cm 重さ875g(持って使うわけではないので気にしないことに。。)

土:五斗蒔土・貫入土1:1  白化粧土に呉須を入れて線象眼 
透明釉 +白マットを所々スプレー掛け(全く効果なし)


「だいぶまともな物が出来るようになったじゃん!」
「300円ぐらいで売れるかも。。?」「いや、100円かな?」と、ダンナの評価でした。

褒められているのか、けなされているのか。。。褒められた事にしましょう!


c0041956_1335113.jpg猫だけど。。。
花入れの残り粘土で何気なくつくった猫ですが、イタチっぽいと。。。
そう言われれば お稲荷さんのキツネや イタチに似ているかもしれません。

命名 イタ猫? 

身長15cm
土:伊賀土 紐作り
  灰釉 をコンプレッサー  
  花-色化粧  葉-織部(流れてしまった)
     



昨日の教室では。。。で、今もロクロでお皿制作の練習中です!
土殺しをした後、皿用に低めの土塊にすることや、底を広げるのに力が要ります。
こんなにロクロで力を使うとは思わなかったなぁ。。。

変なところに力が入っているのでしょう!
底を広げる際に轍のようにデコボコになるのはだいぶ改善された様です。

次第に溜まっていく皿。。。1ま~い 2ま~い。。。3ま~い    
                           シクシクシク。。。(T.T)
[PR]
by abc-kei-abc | 2005-08-04 13:43 | 完成作品