へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

うぁ~ 割れてた。。。。

今日は先週挽いた銅鑼鉢と建水の削りをする予定で教室へ出掛けました。

銅鑼鉢はお正月に間に合うかな~~と、やや期待し、この2,3日どんな釉にしようか、絵柄は。。などと絵心も無いのに考えていました。

ところが。。。。割れていました (>_<)ヽ c0041956_20285055.jpg

原因の一つは
底が薄すぎたこと。。
挽くときに見込みを直しているうちにだんだん薄く。。。

そして、もう一つは
挽いた後シッピキで切り離しますが、
再びくっついてしまうので、乾燥度合いの違いでヒビが入ったのではないかと言うことでした。

いつもは底がたっぷりと厚くて困るのに。。。
こんな事もあるんですね。。。 失敗の肥やしがまた増えました。
肥えるのは技術ではなく、お腹周りなのが哀しい。。。

c0041956_20365597.jpg建水の削り
これは無事でした。
年内に焼き上がれば母へのクリスマスプレゼントになります。
なんと安上がり!
いいえ、もちろんこれはオマケなんです。

時間が余ったので、タタラで取り皿を5枚作って今日は終わり。。。
アッという間の3時間でした。
[PR]
by abc-kei-abc | 2005-11-16 20:43 | 作成経過

久々の更新で~す \(*^▽^*)/

1ヶ月半ぶりに土遊び再開で~す♪
休み中時間があったらニャンコでも。。。などと言っていましたが
それは 甘~い考えでした。。。。

時間が細切れにしか取れなかったので、とても出来ませんでした。
粘土3kg 削りの道具、はては教室から借りていった板。。。
                    すべてそのまま持ち帰りました(T^T)

そして昨日は久しぶりの教室です。
新しいメンバーがお二人も増え賑やかになっていました。
お母様と20代ぐらいの息子さん! 親子並んで土遊び。。なかなか微笑ましかったです。

久しぶりのロクロで何を作ろうか? と言うより、何が出来るか??

まずは母から頼まれていた建水に挑戦!
イメージが湧かないまま作っていたら、どんぶりのように大きいモノができてしまいました。

師匠がすかさず。。「8階の美術画廊で茶道具の個展をやっているから、見てきたら?」

そう言われて、慌てて手を洗い10階の教室から降りていきました(なんと便利!)

ん百万円もする高価な茶道具を眺め、目を肥やしてまた建水に挑戦。
3個目でまずまずの大きさに出来たので、それを残すことにしました。
      写真がありません。。。。
時間が余ったので、お皿の復習をかねて銅鑼鉢を1枚挽いてきました。

あ~ 楽しかった~ 粘土の感触に 癒されました~




これは休む前に焼きに出して置いたお皿です
c0041956_1163847.jpg信楽土などの残土 
織部釉
直径21cm 

見込みの下手なところは渦巻き模様でうまく誤魔化されています(笑)

ほぼ直径は同じですが、高台の高さや見込みの形が微妙に違っています^_^;
同じ雰囲気ということで。。。。
[PR]
by abc-kei-abc | 2005-11-10 11:18 | 完成作品