へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

織部角皿

c0041956_13282811.jpgお正月用に欲しかったので大きい角皿を作りました。
26X33.5㌢ 
重さは2.6㌔
キッチンの秤では量れず,ヘルスメーターで量りました(笑)

織部釉の濃さに変化を付けようと,一部透明釉も掛けましたが。。。
効果は今ひとつでした。


c0041956_13363814.jpgc0041956_13364946.jpg

織部釉がうまくのっていなかったり,ブクが出たところもあり,彫りが釉の流れに合っていなかったりと,いくつか課題が解りました。

大胆な織部の作品を見かけますが,簡単そうに見えて,なかなか真似することが出来ないものですね。
素晴らしい作品の写真を眺めながら,違いを感じています。

             **************** 

このお皿を見るなり

    夫:重いなぁ
      横浜の家に持って行けば。。

フン!横浜の家は物置か?!
はいはい,持って行きますよ~
お正月用ですから。。そしてまたこちらへ持って帰るぞ!(笑)




        ********おまけの話題******** 


とある雑誌に通っている教室が紹介されました。


c0041956_13534815.jpg




1ページだけです(笑)
土との戯れを楽しんでいる様子が解るかな?
教室は見晴らしはいいけど,写真ほど綺麗じゃありません。
写っている人はそれなりに。。。(笑)
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-10-26 14:00 | 完成作品

削り2点で3時間(T^T)

今日は先週挽いた鉢を削りました。時間が掛かる芯出しを師匠にお願いしたにもかかわらず,2つの鉢を削るのに3時間ちかくかかってしまいました^_^;

c0041956_22503852.jpg削ったのはこの2点

c0041956_22504868.jpgこれは口元を変形させたので,
。。。振って出来た歪みじゃありませんよ~!

初めてシッタを使って削りました。

c0041956_22552551.jpg 師匠にやってもらっています^_^;

シッタに粘土を巻き,暫く乾燥させます。
シッタの下に粘土を敷き,ロクロに固定し,
上の粘土を削りながら芯出しをし,作品が固定できるように大きさを整えます。
c0041956_2311113.jpg作品をシッタに乗せ,芯出しをします。

いつになったら,素早く芯出しが出来るんでしょう??
芯出しに時間がかかると他の作業が出来なくなるので,ついつい途中でお願いしてしまいます。
これでは上手くなるはずがありません。

シッタを使うのも覚えられるかな?^_^;
c0041956_233773.jpg削り終わり。
背の高い方は危うく底に穴を開けるところでした。
高台削りがイマイチです。



取り敢えず,素焼きに出しました。


今日は角皿が焼き上がっていましたが,まだ写真を撮っていないので明日upします。
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-10-25 23:06 | 作成経過

見込みが下手なお皿

どうも見込みを上手く挽けません。
デコボコしたり,思った形にならなかったり。。。
師匠にコテの形もお皿に合うように作りなさいと言われますが,なかなか作りません^_^;
売っているかな?と探しに行きましたが,やはりなかなか無い物ですね。
弘法も筆を選ぶそうですから,道具も大事ですね

まぁ道具以前の問題が大きいのですが。。。
料理を乗せちゃえば見えないから使います。
それに重ねられるので収納も楽だし。。(笑)
c0041956_1691232.jpg土:白みかげ
釉薬:透明 織部
酸化焼成

焼き上がり 径24.5㌢
織部の緑がちょっと薄かったかな?
緑色があると彩りの葉を省略できるかな?なんて思っていたのですが。。

さぁ何を盛りつけましょうか?
パスタが似合うかもしれません。


今週はこの土に貫入土を混ぜて鉢を2個挽きました。
来週は削りです。
[PR]
by abc-kei-abc | 2006-10-20 16:26 | 完成作品