へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ポット2号は多難ですぅ

1号は酸化,2号は還元で焼いたので一足遅れて出来上がりました。

c0041956_1553586.jpg御深井釉は流れるというので,吹き付けた呉須がもう少し流れて御深井と混ざったようになるかな?と期待したのですが,予想は裏切られました。

もっと御深井を濃く掛けた方が良かったようです。







土:信楽白
釉薬:呉須を吹きつけた上に御深井
還元焼成


家に持って帰ると,普段は「できもの」扱いの亭主が
『おっ!』と驚いたのまでは良かったのですが,
次に
『この取っ手がもう少し何とかならなかったのか』と厳しい評価でした。
ハイ!ワタシもそう思います。

c0041956_1632744.jpgこのポットは1号同様,既製の茶こしを使う予定なのです。
挽くときに一応サイズも測っていたのですが。。。

一番小さい茶こしでも。。
入らない(T.T)

あと少しなんですが。。。

『週末に削ってあげるよ!』と言ったお方は,ほんの10分ほどで投げ出したんです。
仕方がない,か弱い女?独りで紙ヤスリでゴリゴリゴリゴリ削りました。

二日に分けてのべ1時間ぐらい。
手首も痛くなりました。
c0041956_1643480.jpg
でも,努力の甲斐あってようやく茶こしが入りました042.gif
c0041956_16103443.jpg茶こしを入れても蓋が閉まります。
当たり前ですが。。


ところが。。。

c0041956_16115538.jpg注ぎ口が狭いとは思っていたものの,
実際注いでみると


チョロチョロチョロ。。。

静かな気持ちでお茶を楽しむには向いていますが,
200ml入れるのに20秒掛かります。

何人分かのお茶を入れたら,冷めちゃうかもしれません。

今まで,器やお皿を作ってきて,そこに盛ってしまえば,少しぐらい重かろうが,形が悪かろうが構わなかったのですが,機能を持たせると難しさが増すことを痛感しました。

使い勝手って大事ですね。

ポット2号は焼き上がる前に母から『貰ってあげる』と言われていたのですが,
さぁ 貰ってもらえるか気がかりです。
[PR]
by abc-kei-abc | 2008-02-11 16:25 | 完成作品