へったくそ~なんですが,心がほんわかするような作品が出来上がる日を夢みて。。。
by abc-kei-abc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
作成経過
完成作品
お気に入りの焼き物
焼き物の町探訪
いろいろ。。。
未分類
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
古本と陶芸 あれやこれや・・・
花も団子も
砂文字に託し・・・
陶芸生活日記
陶芸の技法とレシピ
陶芸の技法とレシピ 第2章
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
土遊布・どうゆうふう???
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
アトリエ春 通信
リンク
作陶日誌
ねこ猫とmama

土まかせ
のんびり・まったり・のほほんと

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。
最新のトラックバック
スキルアップ
from 瀬戸の陶芸
芯だしの出来ない師匠
from ねこ猫とmama
Keiちゃん久々のTBあ..
from 砂文字に託し・・・
粗削りな皿
from 砂文字に託し・・・
紐作り
from 陶芸とよべる日に・・
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


久しぶりに猫を作ってます(^_^;)

c0041956_15101878.jpg本物の猫ぐらいの大きさにしたかったのですが,
頭は本物より大きく,身体は短い! でも太め!

写真を撮ってみると何だか不格好ね(T.T)

本焼きしたら美人に変身してくれるといいけど。
そんな事はなさそうだし。


あまりコメントを付け加えることも無いな。。。
取り敢えず昨日はカメラを持っていったので,up★
[PR]
# by abc-kei-abc | 2007-03-08 15:16 | 作成経過

今週の出来物

我が家では焼き上がった作品モノを持ち帰ると,「出来物」と呼ばれます。
オデキじゃあるまいし。。(`_´)
でも似たようなものかと言われるままにあえて否定していません。

c0041956_1142081.jpg小鉢
思ったより小さくなってしまいました。
直径17センチ
釉薬に濃淡を付けたのですが,生地が白なので効果が解らない(T.T)
織部も薄かった。。(T.T)
土:白御影・貫入土 3:1
釉薬:白マット 織部をスプレー掛け
酸化


c0041956_1183813.jpg片口小鉢
土:白御影・貫入土 3:1
釉薬:白マット  酸化

直径16センチ




切り干し大根の煮付けを盛りつけてみました(^_^;)c0041956_1110698.jpg

c0041956_11121017.jpg長皿
ロクロで筒を挽いてベローンと開いたお皿です(変な表現!)
12x36センチ
化粧土を流して掛けたのですが,思うように流れてくれない。
その上,触ってしまって指跡が。。。
土:信楽(赤) 白化粧
釉薬:淡青灰釉

[PR]
# by abc-kei-abc | 2007-03-04 11:22 | 完成作品

同じように作っても。。。

同じものが出来ません。
イイのです★ 手作りなんですから。。と,居直って「おんなじ風」で満足しています。

  。。。が,この湯飲みは 本当は前回作ったマグカップと同じ物の予定でした(^_^;)c0041956_13464065.jpg

同じように挽いたつもりだけど,小さくなったので湯飲みに変更したんです。

そうなりゃ,やけっぱち(?)
絵も久しぶりにネコの登場です。

誰が使うんだ~?   
   私が使います。。  私が責任を持ちますっ! 

マグカップは還元で焼きましたが,これは酸化です。
土も象嵌方法も同じですが,色が全く違っています。

面白いですね~



c0041956_13545841.jpg同じ土(瀬戸土)で練り込み絵の具を使いたかったので色見本です。
もったいないから箸置きにしました。

黒い顔料を2.5% 5%(だいたい)で練り込み,酸化,還元(下の2個)で焼きました。
釉薬は透明釉
微妙に発色は違いますが,これは酸化,還元の違いは大きくありませんでした。

これでまたニャンコを作ろうかな。。と思案中です(*^▽^*)
灰色のネコってアリかな?
[PR]
# by abc-kei-abc | 2007-02-08 14:00 | 完成作品

マグカップ3個完成です

c0041956_23145220.jpg1月末に還元焼成に出したカップが完成しました。

作りたいと思ったイメージとはだいぶ違っていました。
酸化の見本では白く焼き上がっていましたが,還元にすると肌色っぽくなりました。
使えそうだから,まっいいか★
まっいいか。。で妥協しちゃうから進歩が少ないのかな?
 
c0041956_23204475.jpg恥ずかしながらアップ写真。。 
釉薬が薄かったのか,ムラがあります。











    土:瀬戸土(粗) 象嵌に呉須で色つけ
    釉薬 透明 還元焼成
[PR]
# by abc-kei-abc | 2007-02-03 23:27 | 完成作品

陶玉作り

今日は瀬戸の東風山野坊の苔玉作りの教室に行ってきました。
1日目は陶器の器(陶玉)作りです。

お店並んだ陶玉もコロンとしていて,器と植物そして苔が一体となり
小さな世界を作っているようです。

こんな作品が出来るかなぁ~
ちょっとワクワク♪

はじめにやったのは風船を膨らますことでした。
作りたい大きさに膨らませ,空気が漏れないように止めます。

その風船に5ミリほどのタタラをペタペタ貼って出来上がり!
あまりいじくり廻すとかえって良くないと言われ,子どもの頃に戻った気持ちでペタペタ。。

その出来映えは。。。(;^_^A アセアセ…
c0041956_2039507.jpg


乾燥,素焼きが終わったら連絡が入り,釉薬を掛けに出掛けます。
本焼きが終わったら,これに植え込みです。

ちなみにおまけで教えてもらった苔玉はココです。
[PR]
# by abc-kei-abc | 2007-01-20 20:51 | 作成経過

今年最初の陶芸教室

今日は年明け最初のクラスでした。
新しいメンバーが加わり,午前の振り替えの方も加わって,手より口が動いてしまったような?
 まぁ いつものことなんですが。。。。

12月に途中まで作っていたモノを焼く寸前で壊し,最近は完成品がないので,更新できないままでした。
これではいけない。。今日はブログを更新するために愛用のPENTAX istDSを持って出掛けました。

c0041956_2311842.jpg12月に挽いたマグカップ
今日は線彫りの続きです


ロクロはなかなか上達しません

c0041956_232259.jpgロクロが上達しないと言いながら,紐作り
これではいつまで経っても上達するわけがありませんよね。
で,これは何でしょう?  ヒミツです。
前回はひとまわり大きく作り(6㌔),壊しました。

角材で叩いて壊しながら。。
 私: 作品を壊すなんてプロになった気分ですよ♪

 師匠:プロは焼いてから壊すよ。(キッパリ!)

 私: ・・・・・・・
[PR]
# by abc-kei-abc | 2007-01-10 23:10 | 作成経過

瀬戸の秋

昨日は第5週で教室がやすみだったので,教室の仲間と二人で瀬戸へ出かけてきました。
瀬戸は初めてという友人をまず案内したのは

c0041956_1731050.jpg道具屋さんです
金物屋さんの一角に,カンナ,コテ,絵の具,筆,ポンス,何に使うか解らないものまでたくさん置いてあります。
こういう処へ行くと,まだ使った事がない道具までつい買ってしまいます。
「いつか上手くなったら使うだろう!」って(*^▽^*)

以前買った「トンボ」も1年以上待機していました。
今回は「だみ筆」です。いつ使うようになるかな~???

次に行ったのは瀬戸蔵ミュージアムここは2回目です。
以前,書いたので省略。

午後からは師匠が案内して下さり洞地区へ。
c0041956_17315659.jpg瀬戸市マルチメディア伝承工芸館
ここでは実際に染め付けの研修が行われているようでしたが,
ちょうど昼休みでした。
                         保存されている古窯
c0041956_17563151.jpgc0041956_1757422.jpg
c0041956_1803299.jpg
伝承館の駐車場で,師匠がこの垣は「鬼板」だよと。
さすが瀬戸!
                                  
これを削って持って帰りたいと思ってしまいました。
伝統の石垣です。大切にしましょう!


次に向かったのは東風山野房
ここは自作の器に植え込んだ苔玉を販売しています。
でも,休業でした(T.T)。。窓の外から中をのぞき込んで次回へ。。
瀬戸は水曜日がお休みという処が多いので要注意です!

洞地区にはたくさんの窯が有ります。
c0041956_1865732.jpg 窯垣の小径
c0041956_1874645.jpg
c0041956_1883143.jpgツク・エンゴロなどの焼き物の道具や小皿が垣に埋め込まれています。

c0041956_18225250.jpg洞本業窯
現存する貴重な登り窯で、市指定有形文化財になっています。
昭和43年まで使われていたそうです。


この後,雲興寺の紅葉を見て師匠の家でコーヒーを頂き帰ってきました。
雲興寺の紅葉をどうぞ。。。
c0041956_18352829.jpg

c0041956_18355972.jpg

c0041956_18361249.jpg

c0041956_18371629.jpg

c0041956_18393091.jpg

c0041956_18374848.jpgc0041956_18381472.jpg


おまけ。。。瀬戸で出会った猫    どの子もみんな太めでした♪ 
c0041956_18403497.jpg
c0041956_18405522.jpg
c0041956_18411930.jpg
c0041956_18413348.jpg


さぁ 来週からロクロ頑張るぞ~!( ̄0 ̄ )ノ   ってホントか???
  
[PR]
# by abc-kei-abc | 2006-11-30 18:47 | 焼き物の町探訪

中鉢2つ出来上がり~

3時間かかって削った中鉢が焼き上がってきました。
料理を盛ったら,こんな感じ。
c0041956_1538823.jpg先日,田舎で何本も持たされた大根の煮物

c0041956_1538494.jpg同じく30個ほど持たされた柿とサツマイモのサラダ

料理のブログではありませんでした~(^_^;

では,そのままの姿を。。。
c0041956_15412840.jpg土:白御影3:貫入1
白マット釉 酸化

とろーんとした感じが出したかったのですが。。。
直径 長いところで21.5㌢ 高さ 6.5㌢
c0041956_15414624.jpg土:白御影3:貫入1
灰釉 酸化
直径22㌢ 高さ9.5㌢

こちらはシャープな形にしたかったのですが。。。(T.T) 

どちらも料理は盛りやすいのでOKにします♪
[PR]
# by abc-kei-abc | 2006-11-16 15:49 | 完成作品

織部角皿

c0041956_13282811.jpgお正月用に欲しかったので大きい角皿を作りました。
26X33.5㌢ 
重さは2.6㌔
キッチンの秤では量れず,ヘルスメーターで量りました(笑)

織部釉の濃さに変化を付けようと,一部透明釉も掛けましたが。。。
効果は今ひとつでした。


c0041956_13363814.jpgc0041956_13364946.jpg

織部釉がうまくのっていなかったり,ブクが出たところもあり,彫りが釉の流れに合っていなかったりと,いくつか課題が解りました。

大胆な織部の作品を見かけますが,簡単そうに見えて,なかなか真似することが出来ないものですね。
素晴らしい作品の写真を眺めながら,違いを感じています。

             **************** 

このお皿を見るなり

    夫:重いなぁ
      横浜の家に持って行けば。。

フン!横浜の家は物置か?!
はいはい,持って行きますよ~
お正月用ですから。。そしてまたこちらへ持って帰るぞ!(笑)




        ********おまけの話題******** 


とある雑誌に通っている教室が紹介されました。


c0041956_13534815.jpg




1ページだけです(笑)
土との戯れを楽しんでいる様子が解るかな?
教室は見晴らしはいいけど,写真ほど綺麗じゃありません。
写っている人はそれなりに。。。(笑)
[PR]
# by abc-kei-abc | 2006-10-26 14:00 | 完成作品

削り2点で3時間(T^T)

今日は先週挽いた鉢を削りました。時間が掛かる芯出しを師匠にお願いしたにもかかわらず,2つの鉢を削るのに3時間ちかくかかってしまいました^_^;

c0041956_22503852.jpg削ったのはこの2点

c0041956_22504868.jpgこれは口元を変形させたので,
。。。振って出来た歪みじゃありませんよ~!

初めてシッタを使って削りました。

c0041956_22552551.jpg 師匠にやってもらっています^_^;

シッタに粘土を巻き,暫く乾燥させます。
シッタの下に粘土を敷き,ロクロに固定し,
上の粘土を削りながら芯出しをし,作品が固定できるように大きさを整えます。
c0041956_2311113.jpg作品をシッタに乗せ,芯出しをします。

いつになったら,素早く芯出しが出来るんでしょう??
芯出しに時間がかかると他の作業が出来なくなるので,ついつい途中でお願いしてしまいます。
これでは上手くなるはずがありません。

シッタを使うのも覚えられるかな?^_^;
c0041956_233773.jpg削り終わり。
背の高い方は危うく底に穴を開けるところでした。
高台削りがイマイチです。



取り敢えず,素焼きに出しました。


今日は角皿が焼き上がっていましたが,まだ写真を撮っていないので明日upします。
[PR]
# by abc-kei-abc | 2006-10-25 23:06 | 作成経過